忍者ブログ




ニコニコ動画のシム東方、してみたの人のブログです。主に動画内容に関するうだうだ、技術的な話も少しだけのっけていきます。 最近はこんなんしてるよ。 http://fanblogs.jp/aigisjinsei/
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
(02/17)
(03/08)
(10/23)
(05/31)
(05/03)
(04/28)
(04/15)
[03/23 mz]
[03/23 あるま]
[03/21 mz]
[03/21 あるま]
[03/21 CS]
[03/21 mz]
[03/21 CS]

09.21.21:05

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/21/21:05

02.17.01:31

稀な更新

絵描きの友にようやっと空き時間ができそうになった頃、eratohoCにハマる私。アホやん。

eratohoCommerce。コマースがダブルミーニング的。
詳しくはまとめサイトを参照いただくとして。なんというか玄妙なバランス加減で、ハマると時間を忘れるおそろしさ(褒め言葉)。私は運営が型にはまるまで2度行き詰まりました。以下はプレイ経験にのっとった攻略などですのでやらない人は見てもしょうがないかも。あと攻略に関しては既にどこかで同じ内容が書かれてること請け合い、今更だもん。

最初に難易度や会社経営のパートナー(初期副社長)を東方キャラから選択。私は永琳をチョイス。魔理沙か咲夜じゃないんかよ! というツッコミはスルー進行。

モノ作って売る会社を運営するので、まずは生産ラインを確保せねばなりません。
次に、手堅く売買部門を開設? ノンノンノン。

用心棒部門でしょう!

最初から手持ちの自社株50%があるのでそれを売りつつライン増設・新部門開設(私的には売買<経理)・追加人員雇用でもそこそこなんとかなる、というかそれが普通だろうし経営的な楽しみも味わえるのです、が。

用心棒部門に人員配備すると、ライバル会社を襲撃できます。この戦闘に勝利すると莫大な資金が強奪できるのです。大体18~20万。
ゲームスタートの週からそれをやろうとすると、当然最初に選んだパートナーを攻め込ませることになります。戦闘能力は原作にかなり忠実なので、嫁の戦闘能力いかんでは負けるかもしれません。どうしても嫁に勝たせたい場合、1週余分に使いますが外出で守矢神社へ行ってお賽銭してみましょう。戦闘時に支援が得られます。

勝てたとしてもデメリットがあり、会社の評判がガタ落ちとなります。が、評判落ちても売れるもんは売れるし、開き直るのもテでしょう。用心棒の脅しLv(笑)が上がると評判の下降が弱まるようです。ちゃんと見てないからどれほどかはわからんけど。
勝利し次の週も攻め込むと、ライバルの迎撃要員が弱ったまま出てきます。多少手強い相手でも1度勝ってしまえば続けておいしいです。ただしこちらのライバル会社買収(株買占め)が進むと迎撃が強化されるので注意。

一応の目的はライバル会社吸収・市場の独占、ということになってますが、これだけなら生産ライン増やさなくても襲撃だけで事足ります。しかしやはりそこはそれ、ちゃんと経営して嫁や社員とキャッキャウフフするのが正しい楽しみ方でしょう。

私はわりと後半から使い始めてしまったのですが、販売されてるアイテムの[マイク]に注目。お高いですが、コレ買うとストリートライブが可能。歌唱力とライブ場所に応じておひねりが貰え、かつ評判がアップします。ただ私のやってるバージョン(0.26)だと町営ホールでの評判アップがちゃんと反映されないバグがあるようです(スタジアムのは正しく反映されます)。
歌唱経験は、おおむね1ずつしか増えません。ライブだけで増やそうと思うと大変。そこで嫁をデートに誘い、カラオケへ行くと1行動ごと、食事ですら歌唱経験が+1されます。
スタジアムでライブが成立するには歌唱Lv10以上は必要と目されますが、評判の上昇具合がハンパありません。そもそも評判の効果自体微妙に見えるのですが、高いに越したこたないでしょう。ビデオもいいけどライブもね!

とまあ色々書いてきましたが、なかなか中毒性の高いゲームですので時間のない人はうっかり手を出さないほうがいいかもしれません。東方知らなくても結構楽しいんじゃないかと思います。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら








→ HOME ←   NEXT >>>